mind squre

taxonomy : blogblog

 

今回の記事では、Instagramを活用したPR施策事例をご紹介します。
今やSNSにおけるビジュアル広告の一大巨頭となったInstagramでは、日々様々な企業やブランドがPR活動を行っています。
運用には細かな配慮が不可欠ですが、効果的なPRは時に想像を超える拡散力によって多く人々の目に触れることになります。
 

では早速いくつかのPR事例をご紹介します。
※出典先の事例から掲載しておりますので、施策の内容については出典元へお問い合わせください。

 

インスタグラムPR事例

飲料のPR施策事例


リプトン

夏にぴったりの新しいソフトドリンクの飲み方を新提案。

lipton_japanでは、水出しアイスティを使った「フルーツインティ」の専門店の告知が高い反応を得ていました(2017年4月24日投稿)。
写真の美しさだけでなく、涼しげで夏らしい1枚に、「飲んでみたい!」と感じた方も多いのではないでしょうか。

「今年も楽しみにしています」や「札幌や福岡におねがいします!」といったようなコメントがあることからも、フォロワーの期待感を創出できていると言えるでしょう。

このように季節やタイミングをとらえた商品紹介は、Instagram上でも反響を得やすくなります。

[出典:https://webtan.impress.co.jp/e/2017/12/26/27522]

 

プレゼントキャンペーン施策事例


伊藤園 健康ミネラルむぎ茶

伊藤園の「健康ミネラルむぎ茶」公式アカウントは、ユーザー参加型のキャンペーンを活用したインスタグラムマーケティングをおこなって認知度を高めることに成功しています。

インスタグラムでキャンペーン情報を配信して参加者を増やすには、ユーザーが簡単に参加できる条件をそろえることが大切です。

この事例のように専用フォームへ入力という一見手間がかかると思われる条件を追加する場合は、プレゼント内容を工夫するだけでユーザーの反応が変わります。

また、健康ミネラルむぎ茶の公式アカウントでは麦茶にどんな良さがあるのか、どんな人に飲んでほしいのかをわかりやすく解説しており、ターゲット層の理解を深めています。

[出典:https://otonari.tokyo/media/instagram-marketing]

 

フィトリフト スキンケア

こちらは応募者が賞品を選ぶのではなく、お肌の悩みをコメントしてもらい、
そのコメントに合う賞品が届くというInstagramキャンペーン手法です。
コメントをしっかり読んでもらえるという期待感で、企業とユーザの関係値が構築できます。
また、市場の声を直接きけることから、商品開発のためのソーシャルリスニングにも効果がありそうです。
このような手法をご検討中の企業様の場合、コメント一つひとつを一覧で管理できると便利と言えるでしょう。

[出典:https://insta-antenna.com/instagram_campaign_2020]


 

ブランドPR事例


teamLab(チームラボ)

こちらはデジタルアート集団である「チームラボ」の公式Instagramアカウントです。

チームラボのコンセプトは「境界のないアートに身体ごと没入し、1万平米の複雑で立体的な世界を、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく」こと。

お台場にあるチームラボの施設では週末には多くの家族連れやカップルでにぎわう、ホットな体験型エンターテインメントスポットとして大人気です。

チームラボの施設では、「お絵描き水族館」といった、自分の描いた魚が実際に目の前で泳ぐといったようなここでしか得ることのできない特別な体験をすることができます。

そしてチームラボのInstagramアカウントにおいては、そのような特別な体験を多数動画で投稿しており、ユーザーに対して積極的に施設を紹介しています。

[出典:https://find-model.jp/insta-lab/instagram-account-case-study/]


 

 

まとめ

インスタグラムでのPR・プロモーション事例をご覧頂きましたが、いかがでしたか?
弊社では特にアパレルブランドや美容関連のPRを得意としており、
そのようなジャンルの企画や人材(インフルエンサー)も、多く取り扱っております。
こちらのブログでもPR事例をご紹介していますのでぜひご覧ください。

【アパレルブランドPR事例】

【脱毛サロンPR事例】


 

マインドスクエアではここまでご紹介した事例のような方法や、ノウハウを活かし、
目的に合わせたオンリーワンのPR企画をご提案可能です。
商品、ブランド、サービスのPRをご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> インスタグラムを活用したPR施策に関するお問い合わせはこちらから[PRプランニング部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

今回の記事ではSNSマーケティングについてご紹介いたします。
テレビコマーシャルも根強い影響力を持っていますが、
最近では20代、30代を中心に広がっているSNSを利用したマーケティングが注目を集めています。
SNSで企業アカウントを見かけることも多くなり、企業のプロモーション活動を目にする機会も増えました。
ここでは各SNSの特徴や合わせてどんなことが行われているのかを解説します。

 

SNSマーケティングとは


【用語解説】
SNSマーケティングとは、TwitterやInstagramなどのSNSを利用したマーケティング手法です。
SNSを活用して顧客とのコミュニケーションを取ることにより、企業や商品・サービスのブランド価値を高める効果が期待できます。

 

主に活用されるSNSの種類

SNSマーケティングによって得られる効果


企業とユーザーをつなぐ効果的なマーケティングを行うことにより、以下のような効果を得ることができます。

商品やサービスの認知度アップ


SNSは新聞やTVコマーシャルなどと異なり、発信の頻度や内容も自ら決めることができ、さらに低コストで運用することができるので自由度の高い投稿が多いです。
自社のアカウント(企業アカウントやブランドアカウントなど)から発信したコンテンツにユーザーが共感し拡散することで、集客・販促効果が得られます。

 

ブランディング効果


サービスや商品、企業に合わせた独自のブランディングを行うことができ、ユーザーとの関係を構築できます。
企業のSNSアカウントを持つことで、自社やその製品自体に対するブランディング効果を得ることもできます。

信頼あるインフルエンサーが情報を拡散する、あるいは多くの評価(「いいね」や「リツイート」の数)を得ることで、その価値は飛躍的に上がり、国内外に限らず周知されることになります。

企業のアカウントが有用な情報を流し続けることで、信頼性のあるアカウントとして確立すれば、それも企業のブランディングとして成り立つのです。
SNSマーケティングは、商品の広報だけではなく、企業自体の市場価値を上げるブランディングにまで影響するということですね。

 

エンゲージメントの向上


企業や商品に愛着を持ってもらうことが情報の拡散と商品力アップにつながり、企業価値を高めることができ、ファン化を狙えます。
ただしこれらを実現するためには、ユーザーの興味を引く魅力的なコンテンツを継続的に提供し続けることと、的確な販促施策を行うことが前提条件となります。

 

 

まとめ

SNSマーケティングでは双方によるコミュニケーションを活発に行うことで、
より明確なインサイトや顧客の情報を得ることができる施策です。
個人が発信する口コミの一種でもあるSNSの情報は、企業の公式サイトが提供する情報よりも鮮度が高いものとして好まれる傾向があります。

企業はSNSに商品やサービスの情報を投稿し、「いいね!」や「Like」などのリアクションを獲得することで、
そのユーザーのフォロワー、さらにそのフォロワーにも情報が拡散されるループを見込むことができます。
 

マインドスクエアではSNSを使ったPR施策のほかに企業アカウントの運用もお手伝い可能ですので、
SNSの活用でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

 

詳しいサービス紹介はこちらからご確認いただけます。

> 【マインドスクエア PRプランニング部】サービス内容はこちら 

ご相談のお問い合わせは以下よりどうぞ。

> SNSマーケティングやPRのご相談はこちら


 

●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

今回の記事ではキャスティングについて解説いたします。
SNSが普及し誰しもが発信者となったこの時代においては
芸能人をキャスティングするだけでは設定したターゲットに対して、
思ったようなブランディングを行うことが難しくなっています。

より効果的なPRを行うためには、より適した人材を起用することが必要です。

 

キャスティングとは


【用語解説】
よく同音意義語としても取り上げられる釣りでのキャスティングは
『仕掛け、ルアー・フライなどを狙ったポイントへ届くように投げること※1』という意味だそうですが、
エンタメにおけるキャスティングの意味は
『演劇や映画などにおいて配役を決めること』を指します。

これが転じて「こんなイメージのPRをしたいけど誰を起用したらいいのか」、または「つながりがないから断られてしまう」などの
悩みを抱えるクライアントに代わって、起用するタレントやインフルエンサーの選定やスケジュールの調整、出演条件の交渉などを行い、
クライアントの希望に合わせて起用できるようにお手伝いするのがキャスティングのお仕事です。

 

キャスティングする人材


インフルエンサーとは

特定の媒体でユーザーに対しての影響力(フォロワー)を持つ人たちのこと。
基本的にSNS上で、芸能人と変わらない影響力を持つ一般の方を指すが、
昨今ではインフルエンサーを抱える芸能事務所も多くなってきている。

[主なSNS媒体]

 

キャスティングを利用するメリットとは?


冒頭でも触れましたが、商品や企業のPRを行う上で
タレント・インフルエンサーの起用はその成果を左右します。
多くの企業では有名なタレントやインフルエンサーとのつながりをもっている場合は少なく、
キャスティング会社を利用することで得られるメリットは多くあります。

 

適材適所のキャスティングができる


PRの目的に合わせて、リーチ(情報がユーザーへ届くこと)するターゲットの
年齢層や性別、興味を持っているものなどをセグメントしていきます。

ターゲットを決める中で、使用する媒体や起用するタレントやインフルエンサーを
その個人が持つ影響力との親和性により選定することでより理想的なPRを実施できます。

> インフルエンサーを起用したアパレルブランドPR事例


 

出演交渉やスケジュール管理を一括して任せられる


有名人を起用する際、もっとも困難なのが出演交渉とスケジュール管理です。
拘束時間で費用も変わってくる上に、撮影内容にNGがあったりその他さまざまな制約があります。
これらを調整しながらキャスティングするのは、広報やPR活動などに合わせて社内調整などもありながら片手間では難しいでしょう。
そのような煩雑で困難な業務を一手に担ってくれるため、タレントキャスティング会社を利用する企業が多いのです。

 

芸能事務所に直接依頼する場合との違い


芸能事務所はタレントをマネジメントし、より認知度を上げて大きな仕事を取るために動いており、イメージ戦略を重視します。
清楚や真面目、愛想がいい、元気、といったポジティブなものから、場合によっては怖い、不器用、寡黙といった、
一見ネガティブに感じるイメージまで、幅広く活用しています。
芸能界で長く活躍していると、イメージ路線の変更も良くあることです。

タレントキャスティングを利用すれば、自社の商品や作品のイメージと結びつけるにあたり、
最適なイメージをもった出演者をキャスティングしてもらえる、というメリットがあります。

『キャスティング』についてのより詳しいサービス紹介はこちらからご確認いただけます。

> 【マインドスクエア PRプランニング部】サービス内容はこちら 


 

まとめ

キャスティングではインフルエンサーや顧客の熱量を見極めることで、施策をより効果的なものにします。
PRでお悩みの方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

マインドスクエアでは施策の企画からのご提案、キャスティング、実施管理まで一括でサポート可能です。
クライアントやインフルエンサーとのコミュニケーションを最も重視し、
これまでお客様の満足度を獲得してまいりました。

いかなるご要望に対しても尽力いたしますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせは 担当:齋藤(サイトウ)まで

> キャスティングやPRのご相談はこちらより


※1:出展 https://www.fishing-labo.net/modules/xwords/word199_1.htm
 

●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 


今回の記事では弊社PRプランニング部のSNSマーケティング施策として行った、
製品のインフルエンサーPR事例をご紹介いたします。

PRプランニング部ではSNSを中心としたインフルエンサーマーケティングを
企画立案からキャスティング、実際の企画の進行管理まで一括して請け負っており、
ワンストップでサービスを提供しております。

その企画事例となりますので、
具体的に貴社ならではのPRご提案についてはぜひ一度お問い合わせください。


[PR対象プロダクト]

●脱毛サロン


[実施期間]

●2020年 11月~


[PR施策]

●インスタグラムでのインフルエンサーによる認知拡大施策


[PR施策詳細]

脱毛サロンの認知拡大、利用者数増加を目的としたプロモーション。
顧客ターゲット層と親和性の高いインフルエンサーを起用しました。
実際にインフルエンサーにサービスを受けてもらうところから、
投稿完了までのスケジュールを進行しました。

 


[実際の投稿事例(抜粋)]
インフルエンサー投稿ページ
[i__berry]
[marinstgm]
[_reistagram._]
[__renao_0707]
[maaarina0806]
[marika_kajiwara]


[PRプランニング部 サービス紹介ページ]

> 案件相談などのお問い合わせはこちらよりPRプランニング部 担当者まで

PRプランニング部では、正社員とアシスタントスタッフの募集を行っております。
アシスタントスタッフは未経験者からも歓迎しておりますので、ぜひご応募ください。
 

> PR企画営業スタッフ(正社員)

> PR進行管理スタッフ(正社員)

> 【PRプランニング部】アシスタントスタッフ 求人ページ 

 


こんにちは、マインドスクエアの広報です。
マインドスクエアで日々行われている実際の業務を職種ごとにご紹介していきたいと思います。
今回はPRプランニング部の進行管理スタッフをご紹介致します!

 

マインドスクエアのPRプランニング部では、
主に総合的なPRプランの立案、インフルエンサーPR、著名人・タレントキャスティングを行っています。
その中で進行管理スタッフは、実際の提案から生まれた企画を完了させるため、
インフルエンサーや各関係企業とのコミュニケーションを取り、進行していく仕事です。

案件例:インフルエンサーを起用したInstagramでのPR施策

[案件事例記事はこちら]
【PRプロモーション事例】 ~ アパレルブランドPR ~
【PRプロモーション事例】 ~ 脱毛サロンPR ~

 

【業務内容】

○ 予算管理
施策の規模を基に、予算計画を立てます。
この計画をベースとしてどれほどの規模のインフルエンサーを集めるのかなど決定していきます。

 ↓
○ インフルエンサーのピックアップ
起用するインフルエンサーに依頼を行います。
そのためにまずクライアントのPRに合ったインフルエンサーを条件に沿ってピックアップして選定していきます。
選定の条件はブランドコンセプトに合うか、年齢、フォロワー数、フォロワーの年齢層など様々です。

 ↓
○ 実施交渉
インフルエンサーや関連企業へ実施交渉を行います。
戦略イメージなどあるため、依頼されたものすべてがOKというわけではありません。
少しでもクライアントのためになる人選と実施を行うことが施策の肝です。

 ↓
○ 投稿完了までの管理
実施が確定した人材や関連企業との投稿完了までの連絡やり取り(商品受け渡しや下書き確認、相談対応等)を行い、
PR投稿期日までに投稿されるよう、リスクヘッジを踏まえたリマインドを行いつつ管理していきます。
投稿が行われ、クライアント指定の内容と相違がなければ、案件進行管理は完了です。

潤滑に進行するように相手によっては同じ内容でも伝え方を工夫するなど臨機応変な対応も必要ですが、
チーム体制で取り組み、日々クライアントのためになる施策を実施しております。

 

以上が一案件における大まかな仕事内容とその流れです。
このように、一つの案件だけでも密に連絡を取ることが必要だと伝わってきますね。
常に情報が刷新され、PRの手法も様々変わっていくこのお仕事ならではのやりがいを感じられると思いますので、
ぜひ新たな仲間となってくれる方をお待ちしております。

ご興味をお持ちいただけましたら、下記リンクよりご応募できますのでご覧ください。

> 進行管理スタッフの募集要項はこちらよりご確認いただけます

> 進行管理のアシスタント(アルバイト/未経験歓迎)募集も行っております

 

●お問い合わせの受付について
緊急事態宣言の発出に伴い、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> お仕事依頼や求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 


今回の記事では弊社PRプランニング部の事業事例をご紹介いたします。
PRプランニング部ではSNSを中心としたインフルエンサーマーケティングを
企画立案からキャスティング、実際の企画の進行管理まで一括して請け負っており、
ワンストップでサービスを提供しております。

その企画事例となりますので、具体的に貴社に合わせたPR方法についてはぜひお問い合わせください。


[PR対象プロダクト]

●大人のキレイ目カジュアルテイストの女性向けアパレルブランド


[実施期間]

●2020年 9月~


[PR施策]

●インスタグラムでのインフルエンサーによる認知拡大施策


[PR施策詳細]

アパレルブランドの認知拡大を目的としたプロモーション。
2000人以上のリストからインフルエンサーを精査し、
ブランドコンセプトに親和性の高いインフルエンサーを主軸に
100名強を選出しました。

 


[PRプランニング部 サービス紹介ページ]

> 案件相談などのお問い合わせはこちらよりPRプランニング部 担当者まで

PRプランニング部では、アシスタントスタッフの募集を行っております。
未経験者からも頑張れる仕事ですのでぜひご応募ください。
> 【PRプランニング部】アシスタントスタッフ 求人ページ 


こんにちは、マインドスクエアの広報です。

今回はPRプランニング部のプロデューサー・齋藤から、
事業内容をご紹介致します。



どんなことができるのか

PRプランニング部ではクライアントに合った「最適な」PR手法を、
企画立案から実施まで一括でご提案させて頂きます。

クライアントの商品や企画、イベントを
著名人や芸能人、インフルエンサーを使いPR実施により、
売上の最大化を担う仕事をしております。

[過去実績一覧はこちら]

PRプランニング部はSNSを活用したプロモーション手法に特化しており
アパレルやコスメを始めとする様々なジャンルの商材やサービスに対して
最適なプロモーション手法や人材をご提案可能です。

[Twitter]や[Instagram]の他、[YouTube]や[TikTok]においても
実績とノウハウを基にクライアント様のご要望に応じ
柔軟にご対応させて頂いております。

また、自社で1500名を超えるインフルエンサーとのネットワークを生かし
極めて精度の高いターゲティングや情報拡散を実施する事も可能です。



企画立案から実施までの流れ
・ニーズをヒアリング
 ⇒PR施策の実施によりどんな課題を解決したいのかをヒアリング致します。
  何をやりたいのか、それは何故、何のためにやるのかといった
  動機や背景を深堀りします。
 ↓

・打合せ
 ⇒実施日の1か月以上前から打合せをさせて頂き、
  課題を解決し設定したゴールを達成するべく打合せを重ねます。
 ↓

・実施内容をご提案
 ⇒打合せした内容をもとに提案内容のスキーム決定

 <スキーム事例>
 ■Instagramを活用した某飲料水PR実施スキーム例
 ≪実施内容≫
 ・PR手法:Instgaram投稿
 ・拡散リーチ数:約160万リーチ
 ・PR投稿期間:1カ月間
 
 ≪スキーム≫
 ・1~2日:ニーズのヒアリング
 ・1~2週間:プロモーションのご提案~内容フィックス
 ・1~2週間:PR人材調整
 ・1~2週間:商品発送~投稿内容調整
 ・1~4週間:PR投稿
 
 など期間、時期、ターゲットに合わせた手法をご提案致します。
 ↓

・「誰を起用するか」を決める
 ⇒実施内容に応じて起用するタレント、インフルエンサーの選定を行います。
  ポイントは商材との親和性、認知を広げたいターゲット層への影響力を考慮します。
 ↓

・レポーティングしてクライアントに納品
 ⇒SNSでの投稿や広告などの制作物を施策終了まで進行管理を行います。
  案件進行の各工程においては、
  投稿の漏れなどがないように適宜インフルエンサーやタレント等関係者と連絡を取り合い、
  期日の1~2日前までにはリマインドの連絡を行い徹底した企画管理を行っております。

以上が大まかな流れとなります。
まだ具体的にイメージができない状態でも、
お打ち合わせの中でイメージを膨らませ、課題を解決いたしますので
弊社へぜひ一度ご相談ください。

<実績例>




お問い合わせは 担当:齋藤 亮太(サイトウ リョウタ)まで