mind squre

BLOGブログ

東京2020パラリンピック開催について

 

こんにちは、マインドスクエアの広報です。
先日閉幕したパラリンピックですが、いかがでしたか?
オリンピック競技とは異なる魅力を持つパラリンピックは、
個人的にはとても感動的でいいものだったと感じています。

さて今回の記事ではそのパラリンピックの開催における、
観客の動員や運営についてご紹介したいと思います。
オリンピック同様、原則無観客となりましたが、
一部有観客で行われた種目もあったようですね。
感染対策にも触れますので参考にしていただければと思います。

イベントや催事の運営や企画のお手伝いをしておりますので、
ご検討中の場合はページ下部のリンクより気軽にお問い合わせください。
※記事中に引用される情報に関するお問い合わせは出典元へ直接お願い致します

 

観客動員について

発表内容

パラリンピック開幕前の8月16日に、
ホームページには下記のニュース(一部抜粋)が掲載されました。

・現在、東京都、埼玉県、千葉県に緊急事態宣言が発出され、また、静岡県が緊急事態宣言発出の要請をしている状況及び現下の感染状況を踏まえ、全ての競技についてより厳しい措置として、無観客とする。
・路上競技については、沿道での観戦の自粛を求める。
・学校連携観戦については、共生社会の実現に向けた教育的要素が大きいことに鑑み、保護者等の意向を踏まえて自治体や学校設置者が希望する場合には、安全対策を講じた上で実施できるようにする。
なお、感染状況などについて大きな変化が生じた場合には、速やかに四者協議を開催し、対応を検討する。
[出典:https://olympics.com/tokyo-2020/ja/paralympics/news/gt-0816-01]


上記の通り原則として無観客での開催となりました。
その上で「学校連携観戦」と呼ばれる小中高生への客席割り当ては
希望者に対して実施する、という内容です。
当初学校連携には、東京都、千葉県、埼玉県、静岡県が参加予定でした。

 

実際の学校連携観戦の実施状況について


千葉県では実施したものの、引率者の新型コロナウイルス感染が判明し、
県庁や教育委員会への苦情が相次ぎ、8/31以降観戦中止を決定しました。
東京都は直前に参加を中止する自治体が増え、
新宿区、渋谷区、杉並区、八王子市の4区市の学校と、都立の6校が参加。
静岡県では緊急事態宣言発出に伴い、すべての観戦を中止。
埼玉県では1校のみ観戦を実施しました。

このまたとない機会に観戦できた方には自身の目で見たものを
ぜひ周囲の方へ伝えていってほしいと思います。

 

会場運営について

会場での新型コロナウイルス感染対策について


東京都オリンピック・パラリンピック準備局から、
下記のようなガイドラインが出ています。

[出典:https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/special/guide/corona/]


<基本的な行動ルール例>
 


<会場における観客の感染対策>


[内容]
以下の内容を順守することが規定されています。

<基本的な行動ルール例>
・人込みの中でのマスク着用
・ハイタッチや握手等NG
・手洗い・手指消毒
・換気
・3密回避の実践
・騒ぐ、大声での会話はNG
・体温のチェック
・体調管理


<会場における観客の感染対策>
・飛沫感染防止対策
フィジカル・ディスタンスの確保
・接触感染防止策
接触が多い箇所の消毒
・混雑緩和策
混雑を緩和するシステムの導入を検討

[出典:https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/special/guide/corona/]


これらが主な感染対策として講じられてきました。
基本的なことはこれまでにご紹介してきた店舗での対策とも大きく変わらず、
基本対策を徹底して行っていくことがやはり感染対策の肝となるようですね。

今後様々なイベントが検討される中でも、
基本的な感染対策をおろそかにすることなく
イベントが開催されていくようになれば活気のある生活が
戻ってくる日もそう遠くはないのではないでしょうか?

 

まとめ


たくさんの感動を与えてくれたパラリンピックも閉幕しました。
ダイバーシティと呼ばれる多様性についての議論も
これまでより多くなったのではないでしょうか。

2度目の東京大会はコロナ禍の難しい状況の中での開催でしたが、
協議結果はもちろん、感染対策をはじめ、選手村での食事や、選手同士のサポートなど、
多くのことに注目が集まる大会となりました。

オリンピック・パラリンピックの大会としての存在意義が問われ、
次回以降の大会についてもより大きな期待がかかることは言うまでもないでしょう。

次回、いつかまた日本でオリンピック・パラリンピックが開催される際には、
ぜひ大会会場で観戦してみたいものです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。
イベントや催事の運営委託やポップアップストアの出店をご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> 店舗運営についてのサービス紹介ページはこちら

>サービス資料はこちらからダウンロードできます

> 店舗運営やイベント制作に関するお問い合わせはこちらから[事業企画運営部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ