mind squre

taxonomy : blogblog

 

こんにちは、マインドスクエアの広報です。
来る7月23日(金)に東京2020オリンピックが開幕!

ということで、今回はコロナ禍に端を発し、
紆余曲折をたどり開催にこぎつけた
オリンピックの観客動員についてまとめてみたいと思います。

あの激戦となったチケット抽選を乗り越えて当選したのに
残念ながら観戦できなくなってしまった、
という方も多くいらっしゃることと思います。
実は自身もその一人です(泣)

オリンピックでの開催基準が今後開催されるイベントの
基準の一つとなる可能性もあるかと思います。
本番を感染防止の観点から正しく楽しむためにもあらためておさらいをしましょう。
(注:情報は2021/7/12現在のものです。また情報の詳細はすべて出典元に問い合わせをお願いします)
 

 

観客の地域をまたぐ往来について

海外からの観客

まずは国際大会のオリンピックですので海外の方の観戦について。

日本政府と東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、
国際パラリンピック委員会(IPC)の5者は20日夜、
海外からの一般観客の受け入れを断念することで合意した。
新型コロナウイルスの感染収束が見通せず、変異株の感染が
拡大していることなどが理由という。

[出典:https://www.bbc.com/japanese/56468985]


上記のように今大会では原則入場禁止となりました。
ただしVIPや各国要人については入場があるようです。

 

国内の観客について


下記は7/10(土)発表のチケットの取り扱いについて大会からのお知らせです。

https://ticket.tokyo2020.org/Service/NewsDetail?NoticeSeq=76


観客動員人数の制限が決まり再抽選が行われる予定でしたが、
緊急事態宣言の発出決定に伴い一都三県と北海道での
無観客開催が決定しました。

また追加で福島あづま球場での全開催も無観客となることが発表されました。

その他の宮城県、茨城県(学校連携観戦のみ)、静岡県については有観客となります。
制限は「収容定員50%以内で1万人」までということです。


 

今後のイベント開催について

2度目のオリンピック・パラリンピック東京大会は
これまでの大会史にはなかったパンデミック下という、
非常に困難を極める中での開催となりました。

オリンピック・パラリンピックの開催が終わった先で、
どれだけ終息に近づいているのかによるところは大きいかもしれませんが、
イベントの開催方法についてはこれらの対策が一定の指標となるかと思われます。

当然ながら開催においては局面に合わせた対応が必須となることと思います。
観客やお客様を入れてのイベントにおいては人と人との空間を確保することや、
換気、混雑や密集を回避することが欠かせません。

来店型のポップアップイベントや、1000人を超えるような規模での開催でも、
基本的な対策は同じものと思います。

今後、これまでの楽しみをより楽しめるよう、
従来型から新しい形式での開催を模索していきます。


 

イベント運営や出典をご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> 店舗運営やイベント制作に関するお問い合わせはこちらから[事業企画運営部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

今回は、マインドスクエアがこれまで鎌倉市の由比ガ浜海水浴場にて
運営を行ってきた「海の家」の事例をご紹介します。
昨年に続き今年も由比ガ浜での海の家の実施はありませんが、
ぜひ来年への期待も込めてご参考いただければと思います。

海の家についてはこちらの記事で詳細をご確認ください。

【海の家(BEACH HOUSE)とは】


では事例をご紹介します!

 

【To the sea for Yuigahama Beach】

-2019年実施-





[飲食ブース]



飲食メニューはユーザーから”Master of Chicken”と呼ばれる
ローストチキン専門店の『Chicken Man(チキンマン)』が提供しました。
(六本木や上野、横浜中華街に店舗があるチキン界の有名店)

 

[フォトスポット] 




映える To the sea ブランコは子どもも大人も集まる人気ぶりでした
 




インスタグラム投稿にぴったりのパネルもありました


 

いかがでしたか?
弊社が展開している鎌倉市由比ガ浜で実施可能なPRプランは
こちらの記事でご紹介しているような施策もご提案可能です。


【海の家事業のご紹介】     


 

【案件実績一覧はこちら】


 

商品、ブランド、サービスのPRをご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> 海の家に関するお問い合わせはこちらから[事業企画運営部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

今回の記事では、Instagramを活用したPR施策事例をご紹介します。
今やSNSにおけるビジュアル広告の一大巨頭となったInstagramでは、日々様々な企業やブランドがPR活動を行っています。
運用には細かな配慮が不可欠ですが、効果的なPRは時に想像を超える拡散力によって多く人々の目に触れることになります。
 

では早速いくつかのPR事例をご紹介します。
※出典先の事例から掲載しておりますので、施策の内容については出典元へお問い合わせください。

 

インスタグラムPR事例

飲料のPR施策事例


リプトン

夏にぴったりの新しいソフトドリンクの飲み方を新提案。

lipton_japanでは、水出しアイスティを使った「フルーツインティ」の専門店の告知が高い反応を得ていました(2017年4月24日投稿)。
写真の美しさだけでなく、涼しげで夏らしい1枚に、「飲んでみたい!」と感じた方も多いのではないでしょうか。

「今年も楽しみにしています」や「札幌や福岡におねがいします!」といったようなコメントがあることからも、フォロワーの期待感を創出できていると言えるでしょう。

このように季節やタイミングをとらえた商品紹介は、Instagram上でも反響を得やすくなります。

[出典:https://webtan.impress.co.jp/e/2017/12/26/27522]

 

プレゼントキャンペーン施策事例


伊藤園 健康ミネラルむぎ茶

伊藤園の「健康ミネラルむぎ茶」公式アカウントは、ユーザー参加型のキャンペーンを活用したインスタグラムマーケティングをおこなって認知度を高めることに成功しています。

インスタグラムでキャンペーン情報を配信して参加者を増やすには、ユーザーが簡単に参加できる条件をそろえることが大切です。

この事例のように専用フォームへ入力という一見手間がかかると思われる条件を追加する場合は、プレゼント内容を工夫するだけでユーザーの反応が変わります。

また、健康ミネラルむぎ茶の公式アカウントでは麦茶にどんな良さがあるのか、どんな人に飲んでほしいのかをわかりやすく解説しており、ターゲット層の理解を深めています。

[出典:https://otonari.tokyo/media/instagram-marketing]

 

フィトリフト スキンケア

こちらは応募者が賞品を選ぶのではなく、お肌の悩みをコメントしてもらい、
そのコメントに合う賞品が届くというInstagramキャンペーン手法です。
コメントをしっかり読んでもらえるという期待感で、企業とユーザの関係値が構築できます。
また、市場の声を直接きけることから、商品開発のためのソーシャルリスニングにも効果がありそうです。
このような手法をご検討中の企業様の場合、コメント一つひとつを一覧で管理できると便利と言えるでしょう。

[出典:https://insta-antenna.com/instagram_campaign_2020]


 

ブランドPR事例


teamLab(チームラボ)

こちらはデジタルアート集団である「チームラボ」の公式Instagramアカウントです。

チームラボのコンセプトは「境界のないアートに身体ごと没入し、1万平米の複雑で立体的な世界を、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく」こと。

お台場にあるチームラボの施設では週末には多くの家族連れやカップルでにぎわう、ホットな体験型エンターテインメントスポットとして大人気です。

チームラボの施設では、「お絵描き水族館」といった、自分の描いた魚が実際に目の前で泳ぐといったようなここでしか得ることのできない特別な体験をすることができます。

そしてチームラボのInstagramアカウントにおいては、そのような特別な体験を多数動画で投稿しており、ユーザーに対して積極的に施設を紹介しています。

[出典:https://find-model.jp/insta-lab/instagram-account-case-study/]


 

 

まとめ

インスタグラムでのPR・プロモーション事例をご覧頂きましたが、いかがでしたか?
弊社では特にアパレルブランドや美容関連のPRを得意としており、
そのようなジャンルの企画や人材(インフルエンサー)も、多く取り扱っております。
こちらのブログでもPR事例をご紹介していますのでぜひご覧ください。

【アパレルブランドPR事例】

【脱毛サロンPR事例】


 

マインドスクエアではここまでご紹介した事例のような方法や、ノウハウを活かし、
目的に合わせたオンリーワンのPR企画をご提案可能です。
商品、ブランド、サービスのPRをご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> インスタグラムを活用したPR施策に関するお問い合わせはこちらから[PRプランニング部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

本回の記事では、夏の定番でもある「海の家」についてご紹介します。
海水浴場では毎年、海の家を中心にたくさんの人が集まって賑わいを見せています。


 
弊社は2012年より鎌倉市由比ガ浜にて「海の家」を実施できる利権を保有しており、
毎年、海の家の「建築~運営~PR」に従事しております。

「海の家」とは、海水浴場の浜辺に海開きの期間中(鎌倉市由比ガ浜海水浴場では7月1日~8月31日)、
海水浴場にいらっしゃた方々が快適に過ごして頂くために、シャワー施設や更衣施設、飲食提供、等の
各種サービスを提供する、夏季限定の仮設店舗のことを指します。
 

2020年は関東近郊のほとんどの海水浴場は、新型コロナウイルスの影響からいくつかの理由により海開き自体が断念されました。
今年2021年は場所によっては海開きがあり、海の家も運営されるようで、
神奈川県では三浦海岸や逗子海岸、さらには江ノ島を臨む片瀬西浜・鵠沼海水浴場などが開催予定となっているようです。
(残念ながら我らの鎌倉市は今年も開設断念となりました、、、(泣))

夏の海水浴場は熱量を持った人々の「コミュニティ」です。
由比ガ浜は、夏が好きな人たちが50万人以上訪れています。
いわば、分かりやすくセグメントされている場所であり、
そんな大きな特徴を持ったコミュニティに接することができる場所はなかなかありません。

弊社は自社保有の店舗以外にも海の家の運営依頼を頂くことも多々あり、2018年は由比ガ浜にて計6軒の海の家を運営しました。

鎌倉・逗子・葉山の地元のパートナーたちに恵まれており、各ジャンルの協力体制がありますので、
地元の協力による多くのメリット提供が可能かと思います。

何より、「海の家」については他のどの企業にも類を見ない展開実績を誇っておりますので
経験値による様々なアドバイスが可能だと自負しております。

海の家ではブランドの新商品をお試しで提供したり、新メニューを販売したり、
そのアンケートを取るなどしてマーケティング活動の場としても活用されています。
弊社が展開している鎌倉市由比ガ浜で実施可能なPRプランは以下の通りです。
 

海の家:PRプラン


========================================
○「ネーミングライツ」
「海の家」の屋号に企業様の社名やブランド名を付与することができます。
「日本最大級の海水浴場」である由比ガ浜海水浴場では、多くの来場者があるので屋外広告と同じように「来場者へのPR効果」が見込めます!
また、著名な海水浴場であるからこそ多くの取材依頼が入りますので「メディア(TV等)露出」の可能性も大です!

○「パウダールームジャック」
海の家と言えばシャワールーム!水着になった後のシャワーは来場者のマストです!
そんな来場者の重要接触ポイントであるシャワールーム含む「パウダールーム」スペースを
「プロデュース(ジャック)」・「サンプリング/タッチ&トライ/PR」の実施が可能です

○「飲食テナント」出店
海の家と言えば、海を感じながら食べる食事!どうして海だとあんなに美味しく思い出に残るのでしょう!?
そんな飲食店様にとって最高な環境に出店頂くことが可能です!
夏季の売上獲得はもちろん、本店舗のPRにもなりますし、新メニューのテストマーケティングも可能です。

○「フォトスポット」設置
昨今は空前の「映え」ブーム!女性を中心に夏の海という最高のロケーションで写真を撮りたいという需要がとても高くなっています!
貴社仕様のフォトスポットを設置し、多くの方が記念撮影をしてSNSに掲載することで
社名、ブランド名や商品名の認知拡大PRとなります。

○「サンプリング」
70万人が来場する海水浴場で貴社の商品を来場者にお渡しして試してもらう「サンプリング」が可能です!
サンプリングの効果を上げる「コンパニオン」も併せて手配できます。

○「レンタルパラソルへのロゴ掲出」
真夏の海水浴場には来場者が利用するレンタルパラソルがびっしり並びます!
貴社のオリジナルパラソルを来場者へレンタルすることで由比ガ浜中をジャックしてPRすることが可能です。

========================================

海で体験する思い出の風景というのは、その人が嬉しい、楽しい、といった感情と一緒に記憶されるので、
その時に見たり触れたりした物(飲み物、食べ物、景色、商品など)は、頭の中に残りやすいものです。

人々の思い出に触れるというのは、その人の思い出と共にずっと残っていく物であり、
多くの人の思い出に生き続けていく、そういった夏の思い出を、毎年様々な企業様と一緒に作っています。

海の家でのPR手法についてはこちらの記事でもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

海の家事業のご紹介記事     


 

海の家でPRをするメリット


海の家、ひいては海水浴場でPRを行うメリットはどんなものがあるか見てみましょう。

【「鎌倉市由比ガ浜」来場者属性】
・来場者全体の約80%が20~30代(20代は全体の約5割)
・男女比率は5:5
・県外からの来場が約60%
・約25%が家族連れ

由比ガ浜海水浴場はSNS映えするフォトスポットが非常に多く、
来場したことの無い方や海の家から離れた場所にいる方へもSNSによる認知の拡散が見込めます。

フォトスポットやサンプリング以外にも、
ターゲットとなる来場者に合わせた商品やブランドのPRが可能です。

 

[海の家事例]


【海の家】

【To the sea for Yuigahama Beach】(2019年実施)


【フォトスポット】


【シャワールーム】


【メニュー開発】


【サンプリング】


 

[案件実績一覧はこちら]

===================================================================================================================

マインドスクエアではこれら以外にも海の家でのPRノウハウを活かした施策をご提案可能です。
商品、ブランド、サービスのPRをご検討の際は、
一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。

> 海の家に関するお問い合わせはこちらから[事業企画運営部宛]


●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

今回の記事ではSNSマーケティングについてご紹介いたします。
テレビコマーシャルも根強い影響力を持っていますが、
最近では20代、30代を中心に広がっているSNSを利用したマーケティングが注目を集めています。
SNSで企業アカウントを見かけることも多くなり、企業のプロモーション活動を目にする機会も増えました。
ここでは各SNSの特徴や合わせてどんなことが行われているのかを解説します。

 

SNSマーケティングとは


【用語解説】
SNSマーケティングとは、TwitterやInstagramなどのSNSを利用したマーケティング手法です。
SNSを活用して顧客とのコミュニケーションを取ることにより、企業や商品・サービスのブランド価値を高める効果が期待できます。

 

主に活用されるSNSの種類

SNSマーケティングによって得られる効果


企業とユーザーをつなぐ効果的なマーケティングを行うことにより、以下のような効果を得ることができます。

商品やサービスの認知度アップ


SNSは新聞やTVコマーシャルなどと異なり、発信の頻度や内容も自ら決めることができ、さらに低コストで運用することができるので自由度の高い投稿が多いです。
自社のアカウント(企業アカウントやブランドアカウントなど)から発信したコンテンツにユーザーが共感し拡散することで、集客・販促効果が得られます。

 

ブランディング効果


サービスや商品、企業に合わせた独自のブランディングを行うことができ、ユーザーとの関係を構築できます。
企業のSNSアカウントを持つことで、自社やその製品自体に対するブランディング効果を得ることもできます。

信頼あるインフルエンサーが情報を拡散する、あるいは多くの評価(「いいね」や「リツイート」の数)を得ることで、その価値は飛躍的に上がり、国内外に限らず周知されることになります。

企業のアカウントが有用な情報を流し続けることで、信頼性のあるアカウントとして確立すれば、それも企業のブランディングとして成り立つのです。
SNSマーケティングは、商品の広報だけではなく、企業自体の市場価値を上げるブランディングにまで影響するということですね。

 

エンゲージメントの向上


企業や商品に愛着を持ってもらうことが情報の拡散と商品力アップにつながり、企業価値を高めることができ、ファン化を狙えます。
ただしこれらを実現するためには、ユーザーの興味を引く魅力的なコンテンツを継続的に提供し続けることと、的確な販促施策を行うことが前提条件となります。

 

 

まとめ

SNSマーケティングでは双方によるコミュニケーションを活発に行うことで、
より明確なインサイトや顧客の情報を得ることができる施策です。
個人が発信する口コミの一種でもあるSNSの情報は、企業の公式サイトが提供する情報よりも鮮度が高いものとして好まれる傾向があります。

企業はSNSに商品やサービスの情報を投稿し、「いいね!」や「Like」などのリアクションを獲得することで、
そのユーザーのフォロワー、さらにそのフォロワーにも情報が拡散されるループを見込むことができます。
 

マインドスクエアではSNSを使ったPR施策のほかに企業アカウントの運用もお手伝い可能ですので、
SNSの活用でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

 

詳しいサービス紹介はこちらからご確認いただけます。

> 【マインドスクエア PRプランニング部】サービス内容はこちら 

ご相談のお問い合わせは以下よりどうぞ。

> SNSマーケティングやPRのご相談はこちら


 

●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

こんにちは!マインドスクエアの広報です。
4月より社内にテレビモニタが設置され、就業時間内に音楽番組の「スペースシャワーTV」の放映を開始しました。

マインドスクエアがエンタメ業界を縁の下から支える会社の一つとして
「社員自身もエンタメの流行をキャッチしておくべき」との意見が持ち上がり、
その一環として音楽を始め、世の中の流行を把握できる環境を整備し、より一層社員がエンタメに精通した組織としていくために導入されました
 

スペースシャワーTVは「日本のロック・ポップスを中心に、邦楽・洋楽・メジャー・インディーズを問わず、
様々なジャンルを網羅し、全国のスカパー!、J:COM、ひかりTV、ケーブルテレビで24時間放送する日本最大の音楽チャンネルです。」
出典:https://www.spaceshowertv.com/about/
ここ数年で爆発的に人気が高まったK-POPも放映しており、現在の最新トレンドから往年の名曲まで網羅されています。

 

待合スペースに設置されたテレビモニタ(木枠で装飾しています)


 

オフィススペースにも設置されています


 

就業時間内の流れる音楽はミュージックビデオが放映され、
歌詞付のみで流す番組もあったりと情報が分かりやすく、
「この曲聞き覚えあるな、なんかのタイアップだっけ?」というところからコミュニケーションが広がったり
クライアントへの提案企画のアイデアにつながったりと早速活躍しております。

これまで知らなかった情報がどんどん入ってくる環境はとても新鮮です。

エントランスからすぐの待ち合いスペースに設置されていますので、
ご来社の際はぜひお楽しみください。
 

 

マインドスクエアでは一緒に働く仲間を募集しております。
現在募集中の職種は以下よりご覧いただけます。
ご応募お待ちしております。

> 求人募集要項はこちらから

 

 

今回の記事ではキャスティングについて解説いたします。
SNSが普及し誰しもが発信者となったこの時代においては
芸能人をキャスティングするだけでは設定したターゲットに対して、
思ったようなブランディングを行うことが難しくなっています。

より効果的なPRを行うためには、より適した人材を起用することが必要です。

 

キャスティングとは


【用語解説】
よく同音意義語としても取り上げられる釣りでのキャスティングは
『仕掛け、ルアー・フライなどを狙ったポイントへ届くように投げること※1』という意味だそうですが、
エンタメにおけるキャスティングの意味は
『演劇や映画などにおいて配役を決めること』を指します。

これが転じて「こんなイメージのPRをしたいけど誰を起用したらいいのか」、または「つながりがないから断られてしまう」などの
悩みを抱えるクライアントに代わって、起用するタレントやインフルエンサーの選定やスケジュールの調整、出演条件の交渉などを行い、
クライアントの希望に合わせて起用できるようにお手伝いするのがキャスティングのお仕事です。

 

キャスティングする人材


インフルエンサーとは

特定の媒体でユーザーに対しての影響力(フォロワー)を持つ人たちのこと。
基本的にSNS上で、芸能人と変わらない影響力を持つ一般の方を指すが、
昨今ではインフルエンサーを抱える芸能事務所も多くなってきている。

[主なSNS媒体]

 

キャスティングを利用するメリットとは?


冒頭でも触れましたが、商品や企業のPRを行う上で
タレント・インフルエンサーの起用はその成果を左右します。
多くの企業では有名なタレントやインフルエンサーとのつながりをもっている場合は少なく、
キャスティング会社を利用することで得られるメリットは多くあります。

 

適材適所のキャスティングができる


PRの目的に合わせて、リーチ(情報がユーザーへ届くこと)するターゲットの
年齢層や性別、興味を持っているものなどをセグメントしていきます。

ターゲットを決める中で、使用する媒体や起用するタレントやインフルエンサーを
その個人が持つ影響力との親和性により選定することでより理想的なPRを実施できます。

> インフルエンサーを起用したアパレルブランドPR事例


 

出演交渉やスケジュール管理を一括して任せられる


有名人を起用する際、もっとも困難なのが出演交渉とスケジュール管理です。
拘束時間で費用も変わってくる上に、撮影内容にNGがあったりその他さまざまな制約があります。
これらを調整しながらキャスティングするのは、広報やPR活動などに合わせて社内調整などもありながら片手間では難しいでしょう。
そのような煩雑で困難な業務を一手に担ってくれるため、タレントキャスティング会社を利用する企業が多いのです。

 

芸能事務所に直接依頼する場合との違い


芸能事務所はタレントをマネジメントし、より認知度を上げて大きな仕事を取るために動いており、イメージ戦略を重視します。
清楚や真面目、愛想がいい、元気、といったポジティブなものから、場合によっては怖い、不器用、寡黙といった、
一見ネガティブに感じるイメージまで、幅広く活用しています。
芸能界で長く活躍していると、イメージ路線の変更も良くあることです。

タレントキャスティングを利用すれば、自社の商品や作品のイメージと結びつけるにあたり、
最適なイメージをもった出演者をキャスティングしてもらえる、というメリットがあります。

『キャスティング』についてのより詳しいサービス紹介はこちらからご確認いただけます。

> 【マインドスクエア PRプランニング部】サービス内容はこちら 


 

まとめ

キャスティングではインフルエンサーや顧客の熱量を見極めることで、施策をより効果的なものにします。
PRでお悩みの方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

マインドスクエアでは施策の企画からのご提案、キャスティング、実施管理まで一括でサポート可能です。
クライアントやインフルエンサーとのコミュニケーションを最も重視し、
これまでお客様の満足度を獲得してまいりました。

いかなるご要望に対しても尽力いたしますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせは 担当:齋藤(サイトウ)まで

> キャスティングやPRのご相談はこちらより


※1:出展 https://www.fishing-labo.net/modules/xwords/word199_1.htm
 

●お問い合わせの受付について
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

こんにちは、マインドスクエアの広報です。
コロナ禍にありながらも、アーティストやアニメ、映画などのコンテンツの根強い人気から
ポップアップショップやコラボカフェがファンを集め、コンテンツのPRや販促手法としても注目されています。
グッズ販売の委託のみならず売上の拡大や業務の効率化などにお悩みの担当者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの記事ではそもそも店舗運営に必要な要素や委託をするメリットなどをご紹介します。
各イベントにおける業務改善の選択肢として加えてみましょう。

 

店舗運営とは


物販や飲食などお店を運営するにあたり必要な営業業務を指します。
具体的な各業務委託内容については、
店舗運営では販売する内容によっても異なりますが、主に以下の業務を行う必要があります。
 


これらの業務を一括して受託できるのがマインドスクエアの特徴です。
顧客満足度を高め、利益を拡大させるためには、店舗作りにも力を入れることが必要不可欠です。
個別にマニュアルを作成することができますので、より課題を解決しやすくなります。

 

店舗運営の業務委託を利用するメリットとは?

プロのノウハウを活用できる

業務委託の一番のメリットはこれです。
やはり「失敗するのが怖い」というのが最も大きなお悩みですので、
安心できる実績や対応をしてくれる相手に業務委託をすることで心理的な安心も担保できます。

マインドスクエアではこれまで、
SHIBUYA 109の次世代型POPUP STORE 『DISP!!!』の運営や
ライブやフェスでのグッズ販売など様々な形態において、
月間3億円や1日3,000万円規模の大規模な売上の案件から1週間程度の期間限定の短期案件まで
過去200件以上の運営を行ってきました。
そうした実績をもとに積み上げたノウハウを最大限に活かした運営が弊社の強みです。

> 『店舗運営』の直近で行った代表的な事例はこちら


 

備品の準備

案外知られていない部分ではあるのですが、予算に関わる重要なポイントです。
レジや商品を並べるための什器など、委託先で用意がない場合は出店者が予算を取ることになります。
店舗の広さにもよりますが、小さなスペースでも最低5万円~10万円からの出費となるため確認が必要です。

ちなみに弊社ではすでにレジやクレジット端末のほか運営に必要な備品はそろっておりますので、
そのコストを掛けずにご依頼いただけます。

またメニューの一覧やその他お店に必要な各種ポップをデザイン、印刷することも可能です。

 

商品のレイアウト

VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)と呼ばれる、
お客様が来店した際の商品の見栄えや手に取りやすさに対しての知見が重要です。

『店舗運営事業』についての紹介記事はこちら

> 【事業紹介】 事業企画運営部~店舗運営(コラボカフェ・ポップアップ)~ 


 

スタッフ


SNSの普及により販売スタッフが問題を起こす、という事例が少なからず起きていました。
弊社では全国に経験豊富なスタッフを抱えており、地方での店舗展開もまとめてお任せいただけます。

スタッフは元販売員や店舗運営経験者のため、
接客にはヴィジュアルや規律などを案件ごとにまとめた運営マニュアルを作成して丁寧な運営を心がけています。

またスタッフにはトレンドに敏感な20代の女性スタッフが多く、
来店客に対してのスムーズな対応が可能です。

 

在庫管理

在庫管理について、これまでの経験から
大事な商品である在庫のロスに対しての危機管理を徹底しております。

日々の在庫確認業務を怠らず、
案件ごとに実施しているレクリエーションでのスタッフ教育により
レジ打ちなどほとんどミスなく実施していることから、
ロス率0.1%以下の管理が実現できております。

 

売上データの分析


日々の売上のデータを分析することで、今後の経営においての道筋を立てることが可能です。
売れていない商品であればレイアウトの変更や、ポップの作成によって売上アップを目指す、
または仕入れ量を削減するといったことが考えられます。

このように運営の際には必要時に応じて日々の業務報告など依頼先が求める情報を報告可能です。
またポップアップショップではこれまでのノウハウからアーティストの特性を活かしたグッズの提案を行うこともできます。

 

まとめ

店舗運営では、オペレーションの構築、現場のスタッフが快適に働ける職場環境づくりやコスト、
顧客満足度を向上させ集客や利益増につなげる役割を担います。
これらのポイントを網羅した委託先を選ぶことが重要です。

グッズ販売やポップアップショップの運営をご検討の際は、
さまざまなノウハウから一括してサポートできる弊社へぜひ一度ご相談ください。
お問い合わせは 担当:金野 貴朗(コンノ タカアキ)まで

> 店舗運営についてのご相談はこちらより

 

●お問い合わせの受付について
緊急事態宣言の発出に伴い、テレワークを取り入れております。
そのため営業日においてもオフィスに従業員が不在となることがございますので、
大変恐縮ですが弊社へのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

> マインドスクエアについてや求人情報についてのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

こんにちは、マインドスクエアの広報担当です。

先週の記事に続き、To the sea の2021シーズンの新商品をご紹介します!
今回は新作水着のご紹介ですので、
昨年の夏に海やプールで遊べなかったという方も是非今シーズンの水着探しのご参考にご覧ください。
 

> 前回の記事[Part1:ワッフルシリーズ]はこちらから

> To the sea 事業部サービスページはこちら

 

【2021シーズン 新作水着 – Swimwear】

3/23発売の新作水着第1弾!

[【Anera】フリルワンピース]

[【Ili】ワンストリングボトム]

[【Lei】バッククロスビキニ]

[【Lino】ハイウエストボトム]

[【Naru】レースアップビキニ]

 

4/27発売の新作水着第2弾です!

[【Anela】フロントリボンビキニ]

[【Ili】オフショルビキニ]

[【Lino】グラデハイウエストボトム]

[【Lino】ワンショルビキニ]

<blockquote>[【Naru】シャーリングボトム]

 

To the sea公式インスタグラムアカウントもフォローしてみてください。

最新情報やコーディネートイメージ、お得な情報も配信中です。

—————————————————————————————
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用や、
まとめサイト等への引用は厳禁です。
—————————————————————————————

 

こんにちは、マインドスクエアの広報です。

2021 SpringSummerのTo the sea カタログ撮影が行われ、
昨年に続き、特別にこのブログで公開します!
この春夏の新商品のご参考としてもぜひご覧ください。

【4月発売のワッフルシリーズ】※商品名からECサイトの商品ページへ遷移します。

[ワッフルパット付きワンショル]

 

[ワッフルレースアップキャミソール]

 

[ワッフルパット付きタンク]

 

[ワッフルドルマントップス]

 

[ワッフルVネックTシャツ]

 

[ワッフルショートパンツ]

 

[ワッフルショートロンパース]

 

[ワッフルワンショルワンピース]

 

[ワッフルサイドスリットワンピース]

 

[ワッフルショートロンパーストリップアップ]

 

[ワッフルワンショルダートリップアップ]

 

 

To the sea公式インスタグラムアカウントもフォローしてみてください。

最新情報やコーディネートイメージ、お得な情報も配信中です!

———————————————————————————————————————
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用や、
まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
———————————————————————————————————————